お問い合わせ

プロフィール


神戸市会議員・西区選出の黒田武志です。2017年の補欠選挙で議席を与えていただき、2019年の統一地方選において、トップ当選を果たす事ができました。市民の皆様の代弁者として、与えていただいた任期中に、一つでも多くの政策と要望を実現させるため力を尽くします。

道路・公園・交通など、地域の生活基盤の課題解決にも積極的に取り組んでいます。教育や健康・福祉に関することも含め、市政に関するご意見・ご相談は、お電話か「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。よろしくお願い申し上げます。

【現在】
神戸市会議員(西区選出)2期目

日本維新の会 神戸市会議員団 政務調査会長
兵庫維新の会 副政務調査会長

■常任委員会
経済港湾委員会委員

■神戸市会選出各種役員
阪神水道企業団議会議員
神戸港港湾審議会委員
神戸三木都市行政協議会委員

■神戸市会議員連盟
日米友好神戸市会議員連盟
日台友好神戸市会議員連盟
日独友好神戸市会議員連盟
神戸市防衛懇話会
観光交流都市推進神戸市会議員連盟
スポーツ推進神戸市会議員連盟 副会長
ヴィッセル神戸を応援する市会議員の会
INAC神戸レオネッサを応援する市会議員の会

【略歴】
1975年(昭和50年)5月生まれ
吉川中学校卒業
三木北高等学校卒業
大阪産業大学経営学部卒業

大学生の頃、海外生活への関心と将来的な英語の必要性を感じ、海外渡航を決意。就職活動をせず、カナダのワーキングホリデービザを取得し、大学卒業後、1年余り滞在。バンクーバーやトロントなどの飲食店で料理人として働きながら、カナダ・アメリカの西海岸、中西部、東海岸の様々な都市を周りながら見聞を広める。帰国後、語学力を活かし貿易商社に入社。東アジア、東南アジア、中近東、オセアニア、北米、欧州の国々との仕事を通して、グローバルなビジネス感覚を身につける。2005年独立起業。

ビジネスをする傍ら2008年のリーマンショックや民主党政権時の混沌とした社会情勢に危機感を覚え、日本の政治行政や世界経済、外交への関心が高まる。2012年、橋下徹・松井一郎氏による候補者の発掘、及びその政治家の育成を目的に設けられた政治教育塾である「維新政治塾1期生」に応募。講師として橋下徹氏、石原慎太郎氏、堺屋太一氏、竹中平蔵氏、高橋洋一氏、岡本行夫氏、北岡伸一氏、鈴木亘氏、東国原英夫氏、浅田均氏から統治機構改革、財政・経済政策、社会保障、公務員改革、規制改革、外交・安全保障などを約半年間学び、修了。

〈2017年10月〉
市会議員の政務活動費・不正流用事件の欠員に伴う神戸市会議員補欠選挙に西区から出馬し、初当選

〈2019年4月〉
西区から神戸市会議員選挙に出馬し、再選(第1位)

〈2021年4月〜現在〉
日本維新の会 神戸市会議員団 政務調査会長

〈2022年1月〜現在〉
兵庫維新の会(日本維新の会 兵庫県総支部) 副政務調査会長