お問い合わせ

政策

身を切る改革・実のある改革

・政務活動費の削減・返還と情報公開の徹底
・議員報酬と議員定数の削減
・議員報酬の寄付
(震災の被災地の自治体や、子どもの健全育成、児童虐待防止・支援活動、障がい者支援、犬猫の保護などのNPO団体に議員報酬から毎月分を寄付しております。公職選挙法により神戸市外への寄付に限られています)
・地方議員年金復活加入反対へ意見書提出

行財政改革

・区役所に行かなくても申請届等各種手続きができる行電子申請サービスのオンライン化の拡充
・DX(デジタルトランスフォーメーション)や、ICTの導入による区役所の窓口サービスの利便性向上
・市役所業務の更なる効率化を図るため、押印廃止を含むDX(デジタルトランスフォーメーション)、ICT化による電子化の推進
・区役所の窓口業務改革、各地域の連絡所のサービス拡充
・一定の役割を終えた外郭団体の廃止や統合の見直し
・外郭団体を含む神戸市の調達制度の透明かつ公正化、また随意契約や調達の分割契約についての運用の厳格化を徹底

・公営交通事業における義務的経費の抑制・適正化を図るため、官民格差の是正、適切な給与水準の確立
・県市二重行政の解消も含め、重複業務を排除し、窓口業務の一本化や情報の一元化など業務効率化

子育て支援、児童虐待のない社会の実現

・待機児童解消対策強化
 →保育士人材確保と処遇改善
 →公有財産、大規模公園の活用推進
・駅近、職場保育所の整備を推進
 →西神南地区でのパーク&ライド型保育所を新設の推進
・育児休業手当の単独助成など子育て支援
・中学3年生までの医療費補助の拡大
・出産・育児後の女性の復職支援
・児童虐待防止対策
 →児童相談所(児相)、学校、教育委員会、警察、各関係機関との情報共有・連携強化
 →児童福祉司、児童心理司の増員など、こども家庭センター(児相)の体制強化
 →虐待防止啓発の情報発信
 →里親委託と特別養子縁組の成立を推進
・電子母子健康手帳の導入推進(希望者のみ)
 →アプリで市と連携すれば、保育園入園の申込み期間なども通知
 →予防接種などの記録が電子化

学校教育の充実

・GIGAスクール構想による円滑なオンライン授業体制の早期構築
・高校までの教育費の無償化(大阪市では条件付きで実施済)
・教育を受ける機会の平等(親・家庭の経済格差が教育格差にならないよう機会均等の実現)
・全校での温かくて美味しい中学校給食の実現
・授業料や通学費、学習支援に使える利用券(クーポン)を支給
・小学校からのプログラミング教育の環境整備や人材育成の推進(論理的思考や問題解決能力を同時に養う)
・グローバル社会において活躍し貢献できる人材の育成
・変化の激しい社会を生き抜く力や、自立を育むための教育の推進
・全ての子どもたちが自主的に読書に取組むことができるよう読書環境の整備および読書活動に関する普及・啓発の推進
・学校でいじめや虐待など所々の問題を円滑に解決するため、学校法務専門官(弁護士)の拡充
・公設の学童に関しては各区の地域特性を考慮しながら、小学校内での実施の推進
・学童保育での運動場や体育館の利用の促進

健康福祉・医療の充実

・市民の健康・命を守り抜くための有事における医療提供体制の強化
・高齢者が安心に暮らせる環境整備の促進
※地域包括ケアシステム、認知症にやさしい街づくりなど、障がいの有無に関わらず誰でも平等に暮らせる社会の実現
・介護施設の待機所ゼロを目指す
・高齢者の健康寿命延伸のため、フレイル予防支援事業の推進
・認知症高齢者の地域包括ケアシステムの構築と予防の強化
・高齢者の移動手段の確保のため、循環バス、乗合バス等、地域公共交通の推進。市民のニーズに合った市営バス路線の見直しと再編
・健康増進のため、老人会等が行うスポーツ環境整備の推進
・社会保障費を抑制するため、ICT活用による情報共有や事務処理の簡素化・効率化
・不正受給の根絶も含めた生活保護制度の適正な運用
・ICTを活用した見守り体制を推進(GPS機能端末保持など)
・市内の私鉄各線でのエレベーターおよびエスカレーター未設置駅へのバリアフリー補助事業を、各関係機関と連携し早期に実現
・希望すれば75歳まで自分のペースで働ける社会へ(高齢者の活躍促進)
・発達障がい児者支援プランの策定
・障がい者支援と難病支援を強化
・療育センターの機能強化

地域・経済の活性化・インフラ・起業支援・人材誘致

・企業の本社を神戸に呼び戻し、外資系企業の日本拠点を神戸に誘致する施策の強化
・神戸経済の活性化のため、税優遇制度の活用によるオフィスビル建設や企業誘致のさらなる推進
・必要な専門知識やアドバイスができる高度人材を神戸に来てもらう仕組みづくり
・市交通局の改革による地下鉄・バス路線の利便性向上
・オールドタウンや田園地域での「生活の足」として、地域コミュニティ交通の支援を拡充
 →交通が不便な地域での高齢者や児童、妊婦さんなどの移動手段の確保
・地下鉄駅周辺と近隣商業施設の運営に民間活力を導入し活性化
・民間手法を取り入れた地下鉄・バスの市営交通事業の抜本的な対策による収支改善
・近隣センター、団地内の空き店舗の有効活用
・神戸電鉄周辺の住宅街のオールドタウン対策の強化
・神戸電鉄の存続、活性化のため、地域住民の利用だけでなく、周辺市と連携し新たな観光資源を掘り起こした乗客増対策
・子供が安心して遊べて、シルバー世代も出かけたくなるような緑豊かな公園の整備の推進
・起業を支援し、雇用確保など成果を市民に還元できる仕組みを構築
・三宮再整備、県庁再整備について、産官学の連携による便利な回遊性の向上および神戸の玄関口にふさわしい象徴的な空間の実現
・自然エネルギーを活用した発電事業や水素エネルギーを核とした電力・交通事業の推進
・中小零細企業の応援、市の経営相談窓口、海外展開の支援強化
・起業を支援し、雇用拡大、税収増など成果を市民に還元できる仕組みを構築
・神戸空港の国際化と規制緩和、2025年大阪・関西万博を見据えた海上アクセスの整備
・電子マネーやQRコード等を活用した市民サービスのキャッシュレス決済の推進
・神戸港の国際競争力の強化のため、港湾コストの削減、集貨・創貨の拡充および新規基幹航路の誘致
・医療産業都市神戸の国際競争力を高めるため、関連企業や海外主要クラスターとの交流・連携促進

近郊農業・観光農業・畜産のさらなる振興支援

・西区の農産物の販路拡大と地産地消の推進
・神戸の食の輸出が継続したビジネスとして継続していく仕組み作り
・地産地消の促進と神戸ブランドの更なる競争力強化
・神戸市産の水産物の需要拡大推進
・国内、海外向け新商品開発や、技術開発等、新たなビジネスの創出に向けた取り組みの支援
・農村地域における農作物被害を防止するための鳥獣被害対策の強化、県と近隣市との連携強化
・伝統ある神社・仏閣の保全や新たな活用促進

自然災害への万全な対策

・安全で安心して暮らせる地域を目指し、自治会や地域コミュニティ活動を支援
・自治会やふれまちなどの地域団体・消防団等との連携強化
・地域住民と協力した安全な街づくりと、ハード面の整備を推進
・大規模災害に備え、市民参加型の体験・訓練を新たに設けるとともに自衛隊との連携を推進
・地震津波や風水害に備え、老朽化している公共施設及び民間施設の管理保全対策や指導の徹底
・道路・橋・下水道など社会インフラの老朽化による整備の強化
・テロや事件等、不測の事態がおきた場合に備え、国や関係機関と連携した正確な情報発信と広報の充実
・防犯カメラ設置補助事業の継続支援。設置による電気代等、地域住民の負担が生じない仕組みづくり
・街灯や公共施設のLED化の推進
・非常用電源設備の検査・メンテナンスを徹底強化
・国県市一体となった防災対策の推進
・女性や子ども、高齢者など多様なニーズに対応する避難所環境の整備
・アプリ等を活用した災害情報・避難場所・交通状況などの発信強化

政務活動費に関する再発防止策

改正事項
・納品(印刷)部数確認の実施
・振込の原則の徹底
・支払い(振込)前の事前確認
・全閲覧対象書類のインターネット公開
・印刷物関連情報の記載強化
・第三者による検査の強化

提起事項
・政務活動費に伴う領収書は原本を提出すること。
・市政報告書の1枚当たりの発行単価(デザイン・印刷)およびポスティング単価など上限額の設定